【里親・里子との良い出会いは、すぐそこに・・・】
いろいろな事情で、捨てられたり、飼育放棄されたりした犬を、
24時間365日、犬里親募集しています。

北は北海道、南は沖縄県まで、日本全国の市区町村の、
小型犬、中型犬、大型犬、あらゆる犬を、
人気犬種、ハンディ犬、高齢犬、MIX犬(雑種)、どんな犬でも、
平等に里親に巡り合える機会をつくりたいと活動しています。
犬にとっては、保護された状況や募集される理由がどうであれ
里親募集されていること自体が不幸な事であり、
同時に犬生再出発の大事なチャンスだからです。

また、平行して迷子になった犬も捜索していますし、
犬里親募集に対する誤解や偏見を解消する取り組みもしています。
今後も『わんちゃん犬里親募集ブログ』をよろしくお願いします。

********************************************

重要なお知らせ
パソコンからの閲覧で最適化されています。
中央の記事以外に左のメニュー・右のお知らせ等が見えない方は、
パソコンからの閲覧で、すべての内容をご覧いただけます。

お気に入り(ブックマーク)するときは、
最新情報が掲載されるトップページにお願いします。

********************************************

犬の里親になりたい方
主にページ左側を中心に読み、ページ右側も読んでください。
また、各カテゴリ内の犬里親関連記事もよく読んで
里親になる為の勉強をして、犬里親制度に理解を深めてください。
その後、中央の募集記事をよく読み探して応募してください。

犬の里親を募集する方
主にページ右側を中心に読み、ページ左側も読んでください。
また、各カテゴリ内の犬里親関連記事もよく読んで
里子に出す為の勉強をして、犬里親制度に理解を深めてください。
その後、犬の相談や里親募集掲載依頼をしてください。

左斜め下
右斜め下
2015年01月12日

高齢犬の里親になるメリットも多くある!?



前回、前回里親が見つかりにくい犬として、

高齢犬とMIX犬の話を書きました。


前回を見逃した方はこちらから・・・
⇒ ハンディ犬、高齢犬、MIX犬のことを考える・・・

********************************************

今回は高齢犬についてもう少し詳しく書きます。


高齢犬は里親がなかなか見つかりません。

期間が掛かっても見つかれば運が良かったと思うべきです。

里親が見つからないからと言って、

保健所送りで殺処分では良くありません。もうやだ〜(悲しい顔)


まずは、厳しい状況にあるというのを

里親になる人、ならない人含めて、

多くの方に知っていただくことは大事です。わーい(嬉しい顔)


そして、里親がなかなか見つからないことを

嘆いているだけでも駄目です。ふらふら


そこで、高齢犬にも里親が見つかるように

高齢犬の里親になるのが、

おすすめな点、メリットなどをまとめました。ひらめき



高齢犬の里親になる、おすすめな点、メリットも多くある!?

高齢犬にも里親が見つかることは、

確率は低く、期間もかかるけどあります。

この場合は、高齢犬を飼うメリットを知っている里親が多いです。

メリットを知らなければ、高齢犬の里親になるのは、

敬遠されてしまいがちですが、知れば高齢犬も見直されるはずです。


性格が穏やかである!
⇒ 高齢になれば性格が穏やかになるのは犬も人間も同じです。
  若くてやんちゃな犬より、若くてうるさい犬より、
  飼いやすいのは確かです。
  上記の理由で飼えなくなり、里親を探すケースも多いです。

躾などがされている!
⇒ ある程度飼っている犬なら、ある程度の躾は入っています。
  躾がされていれば、躾の手間も省け、飼いやすいのは確かです。
  躾が出来なくて飼えなくなり、里親を探すケースも多いです。

犬の持つかわいさは変わらない!
⇒ これは若い犬でも高齢犬でも同じです。
  子犬の小さい期間は生後たった数ヶ月ですから。


寿命が短い!!!
⇒ これがメリット?と思われる方が多いと思いますが、
  これはすごいメリットなのです。わーい(嬉しい顔)

寿命が短いというのは、人間の高齢者が犬を飼いたい場合、
子犬や若い犬では寿命が長すぎて、
飼い主の方が先に病気になったり、亡くなるケースが多く、
必然的に飼えなくなるので不幸な犬にさせてしまいますが、

高齢犬なら、寿命が短いので、
高齢者が健康の為、生きがいの為、飼うとしても、
犬の最後まで見届けることが可能で、飼い主の責任も果たせます。


また、犬を飼う初心者は、こんなはずではなかった!
で里親募集のケースも多いです。こういう場合、
寿命が長ければ、最後まで飼い続けるのは難しいですが、
寿命が短ければ、努力で何とか最後まで飼い続けることも可能で、
飼い主の責任も果たせます。


いろいろな犬種を飼いたい!
こういう飼い主は多いですが、寿命が長いので、何回も飼えない。
飼い犬を最後まで見届けるためには、十数年かかります。
それを可能にするのが、高齢犬の里親になることです。

寿命が短ければ、若い犬から十数年飼うのと同じ期間に、
数回犬を飼うことが出来るので、
数種類の犬種を飼うことも可能と同時に、
最後まで飼い続けることも可能になり、飼い主の責任も果たせます。



皆さんも一度考え方を変えてみると、
新しいわんちゃん探しが出来るかもしれません。
こうすることで、不幸な犬が少しでも減りますように。


********************************************


次回は、MIX犬の話です。

お付き合いください。



これらの応援をよろしくお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|応援投票していただけますと、
|より多くのわんちゃんを助けることが出来ます(^o^)ノシ。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


posted by ワンドッグ at 00:30 | 犬里親募集が前進するための記事 | 更新情報をチェックする
2015年01月09日

ハンディ犬、高齢犬、MIX犬のことを考える・・・



前回、だんだんと悪い方向へと変化が訪れるのは・・・

と書きました。


前回を見逃した方はこちらから・・・
⇒ 犬里親募集をしていて前進しているなと感じた日・・・

********************************************


だんだんと悪い方向へと変化が訪れるのは・・・


その話の前に犬の里親になる人、ならない人を含めて、

多くの皆様に知って頂かないといけないことがあります。



ハンディ犬、高齢犬、MIX犬のことを考える・・・

前回里親が見つかりにくい犬として、

ハンディ犬の話をしましたが、ハンディ犬の他にも、

里親が見つかりにくい犬はいます。もうやだ〜(悲しい顔)


高齢犬とMIX犬です。

今回はその犬たちの話をしましょう。ふらふら


本当に里親が見つかりません。

多くの犬の保護、募集をされている団体や個人でも、

共通の悩みです。がく〜(落胆した顔)



高齢犬というと犬の年齢で何歳ぐらいだと思いますか?

およその目安として10歳以上で高齢犬といっても良いと思います。


これぐらいの高齢になれば、

里親が見つかりにくいのもある意味仕方がありませんが、

最近は犬の寿命も延びて、10歳ではまだまだ元気だし若いです。

見た目も犬特有のかわいらしさがあります。



MIX犬というと、どういう犬だと思いますか?

いわゆる、雑種と思われる方も多いでしょう。


では雑種とは何でしょう?

何の犬種が入っているか分からない、

これといった特徴もない犬がという表現が適当でしょう。


********************************************


高齢犬にしても、MIX犬にしても、

この記事だけでは書ききれないので、

2回に分けて記事にしたいと思います。

お付き合いください。



これらの応援をよろしくお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|応援投票していただけますと、
|より多くのわんちゃんを助けることが出来ます(^o^)ノシ。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


posted by ワンドッグ at 00:45 | 犬里親募集が前進するための記事 | 更新情報をチェックする
2015年01月07日

犬里親募集をしていて前進しているなと感じた日・・・



前回、犬里親募集をしていて、

前進しているなと感じつつあると書きました。

前回を見逃した方はこちらから・・・
⇒ 気が重い記事・・・

********************************************


前進を感じていたのは、

初めてハンディ犬を里親募集したときです。


ハンディ犬というとどんな犬かというと、

手足が1本なかったり、失明していたり、病気になっていたり、

重いのから軽いのまで、様々ですが、こんな感じの犬です。


このときは健常な犬でさえ、

里親が見つかるのは大変難しいことなのに、

ましてや、ハンディがある犬なんて里親が見つかるのかな?

と半ば疑いながらの募集でした。ふらふら


しかし、その犬にも里親は見つかりました。

世の中捨てたものじゃないな!

心の優しい里親がいるものだなと思いました。ハートたち(複数ハート)


ハンディ犬1匹に里親が見つかっても、

他に募集するハンディ犬の里親を見つけるのは、

難しいなと思っていたのですが、

やはり、そう簡単に里親が見つかるわけではないですね。もうやだ〜(悲しい顔)


でも、期間は掛かるにしても、ハンディ犬にも、

ぼちぼち里親は見つかっていました。

少しですが、だんだん里親が見つかるスピードも

速くなったりもしました。わーい(嬉しい顔)


1年か2年そうした状況が続き、

うちのブログでもいろいろな犬里親について勉強できる記事や

啓発記事なんかも、書いた状況もあってか、

だんだん不幸な犬に里親を見つける状況が良くなっていきました。


こうやってコツコツでは、あるけれども、

いつしか殺処分される犬を含め、

里親募集される不幸な犬がいなくなると良いなと思っていました。


しかし、このあとぐらいですかね。

だんだんと悪い方向へと変化が訪れるのは・・・


********************************************


長くなるので続きます。

分かりやすくまとめるため、多少時間が掛かります。

ゆっくりの更新になりますが、お付き合いください。



これらの応援をよろしくお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|応援投票していただけますと、
|より多くのわんちゃんを助けることが出来ます(^o^)ノシ。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


posted by ワンドッグ at 00:30 | 犬里親募集が前進するための記事 | 更新情報をチェックする