【里親・里子との良い出会いは、すぐそこに・・・】
いろいろな事情で、捨てられたり、飼育放棄されたりした犬を、
24時間365日、犬里親募集しています。

北は北海道、南は沖縄県まで、日本全国の市区町村の、
小型犬、中型犬、大型犬、あらゆる犬を、
人気犬種、ハンディ犬、高齢犬、MIX犬(雑種)、どんな犬でも、
平等に里親に巡り合える機会をつくりたいと活動しています。
犬にとっては、保護された状況や募集される理由がどうであれ
里親募集されていること自体が不幸な事であり、
同時に犬生再出発の大事なチャンスだからです。

また、平行して迷子になった犬も捜索していますし、
犬里親募集に対する誤解や偏見を解消する取り組みもしています。
今後も『わんちゃん犬里親募集ブログ』をよろしくお願いします。

********************************************

重要なお知らせ
パソコンからの閲覧で最適化されています。
中央の記事以外に左のメニュー・右のお知らせ等が見えない方は、
パソコンからの閲覧で、すべての内容をご覧いただけます。

お気に入り(ブックマーク)するときは、
最新情報が掲載されるトップページにお願いします。

********************************************

犬の里親になりたい方
主にページ左側を中心に読み、ページ右側も読んでください。
また、各カテゴリ内の犬里親関連記事もよく読んで
里親になる為の勉強をして、犬里親制度に理解を深めてください。
その後、中央の募集記事をよく読み探して応募してください。

犬の里親を募集する方
主にページ右側を中心に読み、ページ左側も読んでください。
また、各カテゴリ内の犬里親関連記事もよく読んで
里子に出す為の勉強をして、犬里親制度に理解を深めてください。
その後、犬の相談や里親募集掲載依頼をしてください。

左斜め下
右斜め下
2013年08月17日

ペット空輸中、チワワが熱中症で死ぬ事故が発生・・・



全日空の飛行機で輸送中に
チワワが熱中症で死んでしまうという
悲しい事故が発生したようです。

この事故が明らかになったのは、
東京在住という飼い主の少女(15)が、
ツイッターで怒りをぶつけたことに始まったようです。

この事故に対し、全日空では、
過失はなかったとしているが、
ネットでは賛否両論が出ているようです。

********************************************
出典:J-CASTニュース(2013.8.13)

ツイートによると、少女は両親らとこの日、
国内のある離島に旅行に行き、東京・羽田空港で出発前に、
チワワのポポを全日空のペットサービスに預けた。
このサービスは、一部を除き5000円かかる。

しかし、1時間ほどして島の空港に到着し、
ペットケージのカゴを受け取ると、
ポポはひっくり返った状態だった。

意識は少しあったものの、瞳孔が開いており、舌も変色していた。
少女らはポポに水を急いで飲ませたが、
ポポはけいれんを繰り返すだけだった。
父親からは、ポポの心臓はすでに動いていなかったと言われた。

両親が空港からすぐにタクシーで獣医に連れて行ったが、
獣医からは、ポポを収容していた部屋の温度が
あまりにも高かったのだろうと説明された。
体温は、平熱よりかなり高く47度以上にもなっていたという。

ポポは飛行機に乗る前までは元気で、
預ける直前まで水分を摂らせていたそうだ。
少女はツイッターで、
全日空から「過失はない」と言われたとしながらも、
「ミスがなければ死ぬはずがなかった」と言って嘆いている。


全日空のホームページを見ると、ペットサービスでは、
空調が客室とほぼ同じ貨物室で預かるとしている。
しかし、注意事項として、
飛行機に乗せ降ろしするときの外気について、
「夏場においては駐機場の反射熱などにより
外気温に比べて高温になる場合もございます」と書いてあった。
「今後は、できる限りの対応を考えて実施したい」

なお、ポポの飼い主少女は、
ペットの死傷について損害賠償を求めないとする
同意書を書いていることなどから
訴訟は起こさないと父親から聞いたことを明かしている。


ネット上では、
「うーん、まともな神経してたら使わないだろこのサービスは」
「高い勉強料だな」
と飼い主がペットを連れて行ったことに首をひねる向きもある。

一方で、全日空に対し、
「生き物を運搬するなら細心の注意を払うべき」
「有料ならもうちょっと何か対応あってもいい気がするわ」
といった疑問の声が出ていた。

********************************************

勉強されている飼い主や里親保護をしている方々の中では、
ペットを空輸や陸送をする危険性は半ば常識になっています。

飼い主や里親団体がペットを輸送するときは、
乗用車での輸送のみで、
その場合でもペットの体調管理を十分にしています。

だからこそ空輸や陸送は危険なので、
犬里親募集では募集範囲が決まっています。
(その後の話し合いで決まるときもありますので、
募集の際に募集範囲が記載されてない場合もあります)


空輸や陸送の危険性を知らない方が多いので、
これを機会に多くの方が、危険性について知ってください。


そして、
これらの応援をよろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|応援投票していただけますと、
|より多くのわんちゃんを助けることが出来ます(^o^)ノシ。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


posted by ワンドッグ at 01:25 | ペットを空輸陸送することの危険性 | 更新情報をチェックする
ゴールドカード