【里親・里子との良い出会いは、すぐそこに・・・】
いろいろな事情で、捨てられたり、飼育放棄されたりした犬を、
24時間365日、犬里親募集しています。

北は北海道、南は沖縄県まで、日本全国の市区町村の、
小型犬、中型犬、大型犬、あらゆる犬を、
人気犬種、ハンディ犬、高齢犬、MIX犬(雑種)、どんな犬でも、
平等に里親に巡り合える機会をつくりたいと活動しています。
犬にとっては、保護された状況や募集される理由がどうであれ
里親募集されていること自体が不幸な事であり、
同時に犬生再出発の大事なチャンスだからです。

また、平行して迷子になった犬も捜索していますし、
犬里親募集に対する誤解や偏見を解消する取り組みもしています。
今後も『わんちゃん犬里親募集ブログ』をよろしくお願いします。

********************************************

重要なお知らせ
パソコンからの閲覧で最適化されています。
中央の記事以外に左のメニュー・右のお知らせ等が見えない方は、
パソコンからの閲覧で、すべての内容をご覧いただけます。

お気に入り(ブックマーク)するときは、
最新情報が掲載されるトップページにお願いします。

********************************************

犬の里親になりたい方
主にページ左側を中心に読み、ページ右側も読んでください。
また、各カテゴリ内の犬里親関連記事もよく読んで
里親になる為の勉強をして、犬里親制度に理解を深めてください。
その後、中央の募集記事をよく読み探して応募してください。

犬の里親を募集する方
主にページ右側を中心に読み、ページ左側も読んでください。
また、各カテゴリ内の犬里親関連記事もよく読んで
里子に出す為の勉強をして、犬里親制度に理解を深めてください。
その後、犬の相談や里親募集掲載依頼をしてください。

左斜め下
右斜め下
2015年06月24日

今年も開催、犬肉祭りの是非・・・



日本の話ではありませんが、お隣中国の話です。

この犬肉祭りなんですが、

中国南部の広西チワン族自治区玉林市で、

毎年6月22日夏至に合わせて開催されているお祭りです。

このお祭りは、その名の通り、犬を食べるんです。

ちょっと怖い気すらします。


日本なら当然ダメなことなんですけども、

中国でも近年の高度成長に伴い、

年々犬肉祭りへの風当たりが強くなってきています。


しかし、犬肉を食べるからダメだとは、

一概に言えないところが、議論を大きくしています。

犬肉を食べる伝統と祭りというところです。

昔の価値観や中国の価値観からすれば、

何も悪いことではないからです。

でも、今の価値観や世界の価値観からすれば、

悪いことになるのでしょう。



考えてみれば、牛豚鳥も動物であり、

それらは食肉として殺されています。

これは良いのでしょうか?


ハエもゴキブリも蚊も生き物でありますが、

害虫として、当たり前のように殺されます。

これは良いのでしょうか?


野菜は植物であり、動物ではありませんが、生きています。

でも食用に収穫されて殺されます。

これは良いのでしょうか?



生き物は大事だ、動物は大事だ、植物は大事だといっても、

人間も動物である以上、食べなくては死にます。

犬猫だけが特別なのでしょうか?

もちろん、犬猫も救える限り救うべきだと思います。



しかし、果たして、何が正しいのでしょうか?

難しい問題です。人それぞれ意見や考えがあると思います。

答えは出るのでしょうか?


少なくとも、食べ物は粗末にしてはいけない!

ということは分かります。

いただきますという言葉は、素晴らしい言葉だと思います。



ただ殺されるということだけでなく、

どういうことなのか?を広く深く考える必要があります。

皆さんも、広く深く、一度考えてみてください。



この記事はコメント欄開けておきますので、

皆さんのご意見、ご感想、お考えをお寄せ下さい。



これからも応援をよろしくお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|応援投票していただけますと、
|より多くのわんちゃんを助けることが出来ます(^o^)ノシ。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


posted by ワンドッグ at 00:08 | Comment(7) | 犬(ペット)関連の話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
はじめましてε(*゚∇゚*)ノ゙ハジメテチャーン
中国のこのお祭り。
あたしはなくして欲しいと考えます。
おしゃる通り、あたしたちもほかの生き物を殺して生きています。
犬だけが特別かという事もわかります。
ただこのお祭りは、犬たちを残酷に殺して食してます。
生き物への感謝というものを全く感じられません。
そういうことも含めてなくして欲しいと考えます。
Posted by ねーねー at 2015年06月24日 08:02
こんにちは
はじめまして、ブログ拝見させていただいております。
中国の犬を食べる祭りについては、全世界で様々な反響をうんでいますね。中国国内でも反対運動が行われているようです。
祭りの内容についてはネットにアップされている動画等、見ました。正直残酷極まりないです。私も犬を飼っているので、可哀想でなりませんでした。
しかし、おっしゃるように普段、私も当たり前のように鳥や豚、牛、魚や野菜等を食べています。
もし、私が鶏を飼っていたら鶏肉はたべないか?そんなことはありません。きっと食べるでしょう。
中国の方には、中国の文化ややり方があると思います。それが、他の国からすれば残酷に見えても文化や習慣が染み付いている方からすれば「なにが」と思われるとおもいます。
一番大切なのはどんな動物でも植物でも命をいただくことに感謝することたと思います。
まとまらない文章ですが、私の考えです。
Posted by ムクの姉 at 2015年06月24日 08:55
こんにちわ。
そもそも、はじまって10年そこそこのお祭りを伝統と呼べるのでしょうかね?

私はこのお祭りの最大の問題は、犬を食べることよりも残虐性にあると思ってたいます。
生きたまま素揚げにしたり、丸焼きにしたり生命の冒涜です。

Posted by KG at 2015年06月25日 11:11
KGさんへ
返事遅れました。

このお祭りは20年ぐらいらしいですが、他のお祭りは約600年続いて、廃止になったものもあるようです。
お祭り以外にも、日常的に食べる地域もありますから、伝統ということになるのでしょう。

残虐性の観点からは、私も問題があると思います。
Posted by ワンドッグ at 2015年07月21日 23:01
ムクの姉さんへ
返事遅れました。

>一番大切なのはどんな動物でも植物でも命をいただくことに感謝することたと思います。

そうですね。
なるべく残さずというのも大事でしょうね。
Posted by ワンドッグ at 2015年07月21日 23:07
ねーねーさんへ
返事遅れました。

無くして欲しい方の意見も大事です。
残虐性の観点からは、私も問題があると思います。

生き物への感謝というものを全く感じられないことについては、中国の民度(国民性や礼儀作法)の関係もあるので、日本の民度にあわせるとそうなるかもしれません。
Posted by ワンドッグ at 2015年07月21日 23:16
不慣れなもので返事の順番が逆になってしまいました。皆さんすみません。
Posted by ワンドッグ at 2015年07月21日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ゴールドカード