【里親・里子との良い出会いは、すぐそこに・・・】
いろいろな事情で、捨てられたり、飼育放棄されたりした犬を、
24時間365日、犬里親募集しています。

北は北海道、南は沖縄県まで、日本全国の市区町村の、
小型犬、中型犬、大型犬、あらゆる犬を、
人気犬種、ハンディ犬、高齢犬、MIX犬(雑種)、どんな犬でも、
平等に里親に巡り合える機会をつくりたいと活動しています。
犬にとっては、保護された状況や募集される理由がどうであれ
里親募集されていること自体が不幸な事であり、
同時に犬生再出発の大事なチャンスだからです。

また、平行して迷子になった犬も捜索していますし、
犬里親募集に対する誤解や偏見を解消する取り組みもしています。
今後も『わんちゃん犬里親募集ブログ』をよろしくお願いします。

********************************************

重要なお知らせ
パソコンからの閲覧で最適化されています。
中央の記事以外に左のメニュー・右のお知らせ等が見えない方は、
パソコンからの閲覧で、すべての内容をご覧いただけます。

お気に入り(ブックマーク)するときは、
最新情報が掲載されるトップページにお願いします。

********************************************

犬の里親になりたい方
主にページ左側を中心に読み、ページ右側も読んでください。
また、各カテゴリ内の犬里親関連記事もよく読んで
里親になる為の勉強をして、犬里親制度に理解を深めてください。
その後、中央の募集記事をよく読み探して応募してください。

犬の里親を募集する方
主にページ右側を中心に読み、ページ左側も読んでください。
また、各カテゴリ内の犬里親関連記事もよく読んで
里子に出す為の勉強をして、犬里親制度に理解を深めてください。
その後、犬の相談や里親募集掲載依頼をしてください。

左斜め下
右斜め下
2014年10月20日

飼い主の病気や孤独死に伴う、高齢化社会ペット問題とは?



現在日本の総世帯数は、約4700万世帯だそうです。

そのうち65歳以上の高齢者の一人暮らし世帯数は、

約470万世帯で、全体の約10%を占めており、

この割合も年々増え続けています。



また犬猫飼育実態調査によれば、犬猫の飼育率は、

50歳代が最も高く、次いで60歳代となっており、

いわゆる「おひとりさま」で、

生きがいにとか、寂しさをまぎらわすため、

ペットを飼っているという高齢者も急増しています。



こうした状況で起こる問題も多いです。

普段犬里親募集をしていてもいろいろあります。



  • 飼い主が老人ホームなどに入所して、飼えなくなった犬。

  • 飼い主が死亡して、飼い主がいなくなった犬。

  • 飼い主が孤独死し、室内で衰弱死寸前で発見された犬。

  • 飼い主が認知症で、飼い犬の病気に気づかず、そのまま死なせてしまったなど。




人間ならともかく、犬のことなので、

あまり社会でクローズアップされませんが、

結構深刻な問題です。


里親募集される犬もいますが、保健所直行という犬も多いです。

里親募集されるにしても、緊急にならざるを得なく、

しかも、犬も若くて人気犬種だけではないです。

雑種犬とか高齢犬とか里親募集してもなかなか里親が決まりません。


こういう状況があるので、60歳以上の方は、

なるべく不幸な犬は発生するのを防ぐため、

里親募集の資格から外れる場合が多いです。

60歳以上の方がお断りの理由はちゃんとあるのです。



これらの応援をよろしくお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|応援投票していただけますと、
|より多くのわんちゃんを助けることが出来ます(^o^)ノシ。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


posted by ワンドッグ at 00:15 | なぜ犬の里親になれないの? | 更新情報をチェックする