【里親・里子との良い出会いは、すぐそこに・・・】
いろいろな事情で、捨てられたり、飼育放棄されたりした犬を、
24時間365日、犬里親募集しています。

北は北海道、南は沖縄県まで、日本全国の市区町村の、
小型犬、中型犬、大型犬、あらゆる犬を、
人気犬種、ハンディ犬、高齢犬、MIX犬(雑種)、どんな犬でも、
平等に里親に巡り合える機会をつくりたいと活動しています。
犬にとっては、保護された状況や募集される理由がどうであれ
里親募集されていること自体が不幸な事であり、
同時に犬生再出発の大事なチャンスだからです。

また、平行して迷子になった犬も捜索していますし、
犬里親募集に対する誤解や偏見を解消する取り組みもしています。
今後も『わんちゃん犬里親募集ブログ』をよろしくお願いします。

********************************************

重要なお知らせ
パソコンからの閲覧で最適化されています。
中央の記事以外に左のメニュー・右のお知らせ等が見えない方は、
パソコンからの閲覧で、すべての内容をご覧いただけます。

お気に入り(ブックマーク)するときは、
最新情報が掲載されるトップページにお願いします。

********************************************

犬の里親になりたい方
主にページ左側を中心に読み、ページ右側も読んでください。
また、各カテゴリ内の犬里親関連記事もよく読んで
里親になる為の勉強をして、犬里親制度に理解を深めてください。
その後、中央の募集記事をよく読み探して応募してください。

犬の里親を募集する方
主にページ右側を中心に読み、ページ左側も読んでください。
また、各カテゴリ内の犬里親関連記事もよく読んで
里子に出す為の勉強をして、犬里親制度に理解を深めてください。
その後、犬の相談や里親募集掲載依頼をしてください。

左斜め下
右斜め下
2013年02月21日

【東日本大震災】犬猫992匹保護(昨年末時点)福島第1警戒区域



東日本大震災の保護されたペット犬猫の現状です。
現場では、お役所仕事ではない、感動的な話もあります。



福島県が福島第1原発事故の警戒区域で保護した犬猫が、
2012年末時点で992匹に上るそうです。
(これは一部で保護団体分も合わせるとかなりの数になります)

県が保護した内訳は、犬が451匹、猫が541匹で、
11年4月〜12年12月の県の実態調査や
住民の一時立ち入り同行の際に保護した犬猫です。

これまで犬369匹、猫230匹が、
元の飼い主や新たな飼い主に引き取られましたが、
いまだ約4割の犬猫の引き取り手が見つからず
県では現在も、引き取りを呼び掛けています。


最近は保護される犬猫は、ほとんどいませんが、
それでも少しは保護されます。
県では飼い主不明の犬猫の写真を保護時から1カ月間、
県動物救護本部のホームページで公開しています。
⇒ http://www.fuku-kyugo-honbu.org/

引き取り手が見つからない場合は、
福島県三春町の救護本部三春シェルターで保護しています。
(第一シェルター閉鎖で、完成した第二シェルターに移動)
⇒ http://www.fuku-kyugo-honbu.org/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E9%80%9A%E4%BF%A1/


当初の約束通り、
東日本大震災関連で保護した犬猫に関しては、
これまで殺処分した犬猫はいないそうです。わーい(嬉しい顔)

行政も一概に、お役所仕事ではないのですね!揺れるハート
最初は本当かなと思っていただけに感動しました。ハートたち(複数ハート)


********************************************

これらのペット達に対して私たちは、
出来る限りの愛情を注いで管理を行っておりますが、
集団管理の中では、
家族と一緒に暮らしていた時と同じようなケアはできません。

私たちは、このペットたちに
再び家庭の中で幸福な生活を送ってほしいと考えております。

つきましては、出来るだけ早い時期に、
このペットたちが家庭の中で生活することができるよう、
引き続き皆様方の御支援と御協力の輪が、
広がっていくことを改めてお願い申し上げる次第です。

福島県動物救護本部 本部長 森澤道明さん談

********************************************


まだまだ、こういった面からも東日本大震災は終わっていません。
被災地の関心として、産業復興、がれき処理に目が行きがちです。
それは優先順位の高い人間の生活が立て直らなければ、
いけないので仕方が無いことですが、
一方で、ペットの現状は、クローズアップされませんexclamation

東日本大震災の保護されたペット犬猫の現状を知っていただいて、
犬猫を飼いたいと思われている方は、ぜひ里親になってください。
この記事を読まれた方は、御支援と御協力の輪が広がるように
周りの皆さんにも教えてあげてください。わーい(嬉しい顔)

参考までに、里親になるときの募集要項です。
本当に大事に犬猫を飼っていただける方のみ、
いい加減な方はご遠慮ください。ふらふら
県動物救護本部
⇒ http://www.fuku-kyugo-honbu.org/%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%82%8B%E6%96%B9%E3%81%B8/

【関連サイト】
東北地震犬猫レスキュー.com
⇒ http://tohoku-dogcat-rescue.com/

福島県保健福祉部食品生活衛生課
⇒ http://www.pref.fukushima.jp/eisei/douai/douaiindex.htm



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
|応援投票していただけますと、
|より多くのわんちゃんを助けることが出来ます(^o^)ノシ。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


posted by ワンドッグ at 00:30 | 災害時の犬(ペット)の救援救援 | 更新情報をチェックする