【里親・里子との良い出会いは、すぐそこに・・・】
いろいろな事情で、捨てられたり、飼育放棄されたりした犬を、
24時間365日、犬里親募集しています。

北は北海道、南は沖縄県まで、日本全国の市区町村の、
小型犬、中型犬、大型犬、あらゆる犬を、
人気犬種、ハンディ犬、高齢犬、MIX犬(雑種)、どんな犬でも、
平等に里親に巡り合える機会をつくりたいと活動しています。
犬にとっては、保護された状況や募集される理由がどうであれ
里親募集されていること自体が不幸な事であり、
同時に犬生再出発の大事なチャンスだからです。

また、平行して迷子になった犬も捜索していますし、
犬里親募集に対する誤解や偏見を解消する取り組みもしています。
今後も『わんちゃん犬里親募集ブログ』をよろしくお願いします。

********************************************

重要なお知らせ
パソコンからの閲覧で最適化されています。
中央の記事以外に左のメニュー・右のお知らせ等が見えない方は、
パソコンからの閲覧で、すべての内容をご覧いただけます。

お気に入り(ブックマーク)するときは、
最新情報が掲載されるトップページにお願いします。

********************************************

犬の里親になりたい方
主にページ左側を中心に読み、ページ右側も読んでください。
また、各カテゴリ内の犬里親関連記事もよく読んで
里親になる為の勉強をして、犬里親制度に理解を深めてください。
その後、中央の募集記事をよく読み探して応募してください。

犬の里親を募集する方
主にページ右側を中心に読み、ページ左側も読んでください。
また、各カテゴリ内の犬里親関連記事もよく読んで
里子に出す為の勉強をして、犬里親制度に理解を深めてください。
その後、犬の相談や里親募集掲載依頼をしてください。

左斜め下
右斜め下
2012年11月16日

【環境省:法律】犬猫の引き取りは厳しい新基準へ



環境省は平成24年11月13日、
犬猫の安易な飼育放棄を防ぐため、

自治体が飼い主からの引き取り要請を
拒否できる厳しい新基準を公表しました。


■どう変わるの?■
現行の動物愛護管理法では、
「自治体は飼い主の求めがあれば、
犬猫を引き取らなければならない」
と定められています。

しかし、来年平成25年9月施行予定の改正法では、
飼い主が最後まで飼う努力義務を明記し、
「自治体は相当の理由がない引き取り要請を拒否できる」
と定められます。


■背景は?■
今回の背景には、毎日全国の自治体や保健所に、
高齢や病気を理由にした犬猫の持ち込みなど多くあり、
犬猫の殺処分数を大きくしていることがあります。

この犬猫の高齢や病気を理由にした飼育放棄を減らすため、
ひいては、犬猫の殺処分数を減らすため、
飼い主が最後まで飼う努力義務を明記し、
「自治体は相当の理由がない引き取り要請を拒否できる」
とする訳です。


■皆様へ■
犬猫の飼育放棄を対象とした、
動物愛護管理法が、やっと改正されることになり、
安易な飼育放棄を無くす大きな第一歩となりそうです。

今まで以上に最後まで責任を持って、
動物を飼うことの重要さが増します。

これから犬猫を飼い始める皆さんは、
絶対安易に飼い始めないでください。

現在飼っている皆さんは、
犬猫も最後まで大事に飼ってあげてください。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
|応援投票していただけますと、
|より多くのわんちゃんを助けることが出来ます(^o^)ノシ。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


posted by ワンドッグ at 00:30 | 動物愛護管理法関連 | 更新情報をチェックする
ゴールドカード